“ママ振り”相談承ります!

大阪中崎町(梅田からひと駅)の着物ショップ・きもの六花。

和裁士のいるお店ですので、着物のお仕立て・お直しもお気軽にご相談くださいませ。

 

この頃、よく耳にする“ママ振”

簡単に言えば、お母さんが二十歳の時に着た振袖を、二十歳になった娘さんも着ることを言います。

着物だからこそできる、世代を超えての着用。

素敵ですよね!!

来年や再来年の成人式を迎えられる方で”ママ振”を予定している方も多いのではないでしょうか。

”ママ振”をするなら、ちょっと確認しておきたいことがいくつかあります。

 

・サイズ合ってますか?

明らかに身長差がある場合は、着られるかどうか確認する気もなるのですが、

お母さんと娘さんの体格差がない場合、着物だし、安易に着られると思っていませんか?

今どきの女の子たちって、腕の長さが長いんです。

また、昔の着物の寸法の取り方と、今の寸法の取り方が若干違っていたりと、

娘さんに羽織ってみると、袖が短い!ってことがよくあります。

反物幅にもよりますが、裄を長くするなどお直しで対応できますし、

状態によっては、一度洗い張り(解く)をして仕立て直しをおすすめすることもあります。

 

・シミ汚れありませんか?

かれこれ何十年間も箪笥に入れっぱなしの方も多いのでは。

一度広げて見てください。着物って、箪笥にしまっているだけでもシミができるんです。

シミがあれば、しみ抜きなどの対処をしないといけません。

しみ抜きは決して安いものではありません。何十年前のシミとなれば、なおさらです。

見積りをお出しして、確認した後に進めるかどうか判断していただくこともできます。

 

・必要なもの全部揃ってますか?

振袖は、特別なものなので、着用後はすべて一緒にしまっている方が多いかと思いますが、

あっちへやったり、こっちへやったりしてるうちに、

長襦袢がなくなっていたり、半衿がなくなっていたりすることもよくあります。

でも正直、何が必要で、何が足りないかもわからない!って方が、大半ですよね。

ひとまず、今あるもの全部お持ちください。必要なもの、足りないものチェックさせていただきます。

また、コーディネート相談は、大歓迎です。

部分レンタルもございますし、新しいものを購入したい場合などは、ご要望に合わせてご用意もさせていただきます。

 

・その草履歩けますか?

大切に保管させていた草履かと思いますが、履きなれない草履。

ひと昔前の草履は、劣化していたり、歩きづらかったりします。(痛くて歩けない場合もしばしば…)

最近は、歩きやすい草履がたくさん出ていますので、新調するのもおすすめです。

 

以前に、六花で成人式の前撮りをさせていただいたお嬢さん。

洗い張りの状態の振袖からお仕立て。

振袖に合わせて、長襦袢・帯や小物一式を新調されました。

帯は、六花オリジナルの袋帯です。

草履は、低反発の草履台にインドビーズ刺繍の鼻緒。

半衿も、インドビーズ刺繍のものをコーディネートしました。

 

もし、お仕立てやお直しとなると、お時間をいただくことになります。

できるだけ早めにお越しいただけたほうが、ご提案できることも変わってきます。

お気軽にご相談くださいませ。

ご来店の際は、来店予約をお願いします。

ネットで簡単に来店予約ができます。

 

pagetop